海外出張で役に立った持ち物(インドア派)

私的備忘録も兼ねて、海外出張(アメリカ)に持っていって良かったものをまとめておきます。

持っていくと良いもの

SIMフリースマートフォン

私の場合は会社支給の携帯も持っていきましたが、自分のスマホがあったので暇な時間に慣れた端末でネットが利用出来るのは安心感がありました。私的利用もし易いですし。ホテルは基本的にwifiがあるので、合わせて便利に利用できます。

プリペイドSIMカード

該当地域用のプリペイドSIMがあると、外出時にもネット利用が出来るので助かります。特に地図+GPS+uberが利用出来ると外にいる時の安心感が大きいです。空港でも購入出来ますが、日本で海外用のものを予め購入しておくことも可能です。発送期間が長い商品が多いので注文する場合は出張前2週間以上は余裕を持ったほうが無難です。 

ZIP SIM 通話+SMS+データ通信1GB、14日間 アメリカ用プリペイドSIM (※旧名称 READY SIM 2016年4月より商品名・パッケージが変更となりました)

充電用ACアダプタ

アメリカは60Hz/110Vです。日本は50or60Hz/100Vですが日本の電化製品は60Hz/120Vまで対応してるものも多いです。スマホ充電器はスマホと合わせて必須です。また接続するUSBケーブルが断線すると残念なので、強めのものを用意しておくと安心です。

ポータブル充電池(100Wh以下)

写真や動画を取ると電池がすごい減るのでポータブル充電池があると便利です。

リチウムイオン電池に関しては基本的には預入荷物不可で機内持ち込みのみ可の場合が多いです。持ち込みの容量にも制限があり100Whまでの航空会社が一般的です。充電電圧は3.6Vの場合、100Whの容量制限に対応するmAh容量は

100[Wh]÷3.6[V]≒27.8[Ah]=27800[mAh]

となります。充電池容量はmAhで書いてあることが多いですが100Wh制限の場合、20000mAh以下であれば、基本的に問題無いと思います。

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー iPhone&Android対応 2ポート Auto-IC機能搭載 (ホワイト) CHE-059-WH

寝間着

慣れた寝間着は安心感が違います。アメリカのホテルは寝間着とか無い場合が多いです。

ハブラシ・T字ヒゲソリ

アメリカのホテルはハブラシヒゲソリはホテルに無いのが普通なので持って移動したほうが良いです。現地で買っても良いですが、日本のほうが安いですし飛行機の預入荷物にT字ヒゲソリがあっても特に問題ありません。

下着たくさん

下着以外は着回せるかもしれませんが下着を着回すのはアレなので、下着(特にパンツ)はたくさんあるに越したことはありません。

uberアプリ

アメリカの場合uberを利用出来ると、それなりの街であればタクシーがどこからでも呼べますし決済もアプリ上なので便利ですし、しかもタクシーより安いです。注意点としてアプリ登録時にショートメッセージ(電話番号)が必要なので、ネット専用の端末を現地に持っていく場合には、アプリのインストールは日本でして置くほうが良いです。登録だけしておけば、現地ではネット回線のみでも利用出来ます。
ただし、uberアプリ内に待ち合わせ用のショートメッセージ機能があるのですが、電話可能端末でないとその機能が使えないので、人口が密集していて待ち合わせが難しい地域で利用する場合には、電話番号付きSIMで利用するほうがややオススメです。

室内用スリッパ

ホテル室内は基本的に床が土足で利用すると思いますが、スリッパの用意は無い場合が多いので、国際線で配布のスリッパをそのまま持っていくと有用です。

革靴に見えるスニーカ

私は用意してないですが、移動で見た目はフォーマルよりなので便利なようです。欲しいです。 

残念なこと

Dアニメ、Primeビデオが見れない

個人的にこれが一番つらいのですが、DアニメやAmazonビデオ(co.jpアカウント)は海外での利用が制限されています。

f:id:tone_akadaya:20180127021752p:plain

 

Amazonに関しては一部海外OKな動画もありますが本当にごく一部です。アメリカで定額でアニメがたくさん見れるサービスとなるとNetflixかHuluくらいでしょうか。正規の手法で見る方法は日本に比べて限られてきます。海外コンテンツになるので当たり前かもしれませんが…

VPN接続用の端末を日本に置いておくのが、規約の部分が問題無ければ一番自由度が高そうですね。

 

以上です。随時更新するかもしれません。

ではでは。